知ってるようで知らない、りんご7976の保存方法

誰もが日常よく目にする果物の一つりんご。その用途は幅広く、食べ方についてもバラエティに富んでいます。ジュースやジャムなどの加工品で食べるのも美味しいですが、やはり新鮮な生で食べるのがりんごの風味をしっかり味わえるのでベストです。 ところがその保存方法については、あまり詳しく知る人は意外と少ないものです。当然りんごは生モノである以上、温度変化に弱く腐りやすい果物。また一見して硬そうなりんごですが、ちょっとした傷があるだけでそこから劣化が始まってしまうなど、デリケートな一面も見せてくれます。 でも大量に保存したい時や、どうしても長期保存したい時などに、りんごの保存方法について知らないのは困りもの。今から正しい保存方法を身につけましょう。 まず、りんごは温度変化に弱いので温度変化の少ない場所を選びましょう。そして温度は0~5℃、湿度はできるだけ80%以上がベストです。特にりんごは乾燥には弱いので注意してください。 保存期間は基本的に2週間から1ヵ月前後が目安となりますが、季節ごとに保存方法を変える必要があるので要注意です。 冬場であれば暖房やエアコンの効いていない涼しく直射日光の当たらない場所へ。そして暖かい季節であれば、冷蔵庫の野菜室を利用してポリ袋へ一つずつ入れて包み、しっかり保存するのが理想的です。

自分で育てるとより美味しい!りんご7976栽培の心得

りんごは果樹園で収穫された物を購入するのが一般的ですが、苗木から自分で育てることで美味しいりんごを収穫出来るようになります。りんごの風味は育て方が大きく左右するので、正しい知識を持って肥料や水を与えることが大切です。また、枝の剪定や害虫予防も美味しいりんごにするための条件ですが、樹木に傷をつけると実の付き方が悪くなるので細心の注意を払うように心がけます。りんごの木は成長が早く数年で実を付けますが、味が良いりんごをたくさん収穫するためには環境を整えて幹が太く頑丈な木にすることが重要です。