りんご7976を丸かじりして血が付着する場合は歯肉炎の可能性

固いりんごを丸かじりした時にうっすらと血が付着することがありますよね。そんな場合は歯肉炎の可能性があります。歯肉炎はさまざまな要因がキッカケで炎症を起こす病気です。ブラッシング不足やウイルスの感染などは代表的な原因です。 痛みが起きない場合もあるので、りんごがキッカケで気づくことも多く、治療が遅れるケースもありますよ。いわば、歯肉炎は歯茎の要注意サインですよね。気づいた場合はしっかりと治療し、他の重大な病気を防ぎましょう。 歯肉炎の予防で最も効果的なのは入念にブラッシングすることです。ブラッシングは歯を磨くと同時に歯茎のマッサージ効果もあります。歯磨きの際には、上下の歯茎を優しく揉むようにブラッシングすると効果的ですよ。歯茎のブラッシングで痛みを感じる場合は、歯ブラシの柔らかさを変えましょう。歯磨きに使用する歯ブラシよりも少し柔らかめの歯ブラシを使うことで、刺激の緩和に繋がります。あまり強くブラッシングすると、健康な歯茎でも出血することがあるので注意して下さいね。むやみに傷つけ、そこから雑菌が入ると他の病気を併発する可能性も否定できません。 以上のように、りんごをかじった時に出血する場合は、早めに歯肉炎治療を行いましょう。

変色したりんご7976は見たくない!綺麗な状態を保つ工夫

りんごはカットした切り口に空気が触れると酸化して茶色に変色します。変色したりんごは見栄えが悪いだけではなく、水分が抜けて味が落ちてしまうので食べる直前に切ることが大切ですが、お弁当やオードブルに盛り付ける際は時間が経っても変色しないように工夫する必要があります。 りんごの変色は含有成分が酸素と結びつくことで生じます。塩水を塗布するとナトリウムの皮膜が形成されて酸化を防ぐことが可能です。塩水の代わりにレモン果汁でも酸化防止の効果があります。