りんご7976を冷凍しても、大丈夫?もっと楽しもう

みんなが大好きなりんご!手軽なフルーツで、子供にも人気があります。まとめ買いしたり、時にはいただいたりする時もあります。りんごの保存方法は常温で、が一般的ですよね。でもちょっと食べない日が続くと痛んできたりして勿体無い。そういう経験のある方も、多いのではないでしょうか。それならば、冷凍できないかしら?フルーツの冷凍と言えば、頭に浮かぶのは冷凍みかんです。みかんが大丈夫なら、りんごも大丈夫では?実際、りんごを冷凍して保存することはできます。まるまるそのまま冷凍することもできますが、好みの大きさに切ってからフリーザーパックで冷凍保存する方法が、食べるときに便利ですよね。しかし、ちょっと気になることがあります。りんごを冷凍しても、栄養的に問題はないのでしょうか?確かに気になりますよね。冷凍保存したりんごを解凍すると、水分が出てきます。この水分には、水溶性の食物繊維が含まれています。この栄養素を逃したくない!それならば、冷凍りんごでジュースやスムージーを作るのはいかがでしょうか。この方法ならば食物繊維を逃さず、しっかり身体に取り入れることができます。また解凍しないでそのままアイス感覚で食べるのも、良いでしょう。冷凍しても、フルーツの優等生の座はそのまま。冷凍りんごの楽しみ方は、工夫次第でまだまだ広がりそうですね。

ピーラーを使ってりんご7976の皮を簡単にむく方法

りんごって果物のなかで一番身近で、栄養もたっぷりです。そのままかじってもおいしいし、ヨーグルトや蜂蜜をかければ、立派なスイーツになります。ただ皮をむくことを考えると、ちょっとおっくうな気持ちになります。そんなときはピーラーを使います。ピーラーをリンゴにあてて、むいていくだけです。ピーラーはなるべく動かさず、りんごをまわすようにしてむきます。そのあと包丁でへたや種の部分を取ってください。ピーラーは包丁より薄くむけるので、皮の近くにある体に良い成分もしっかりとれます。